歯周病治療と治療不可能な歯

###Site Name###

歯周病治療ではスケーリングも、しっかりと行います。

比較的浅い部分の歯石除去は、超音波スケーラーなどを用いて除去する作業を行います。歯周ポケットの中には、しっかりと付着した歯石やプラークがあるので、それらは取り去らないといけません。

歯周病治療情報選びをお手伝いするサイトです。

表面のプラークや歯石は、こうした超音波スケーラーで、大体はキレイにはなりますが、使い部分はまだ歯石は残っています。

歯ブラシを奥深くに、毛先を入れているのは難しいです。



でも治療をする豆に比べると、歯周ポケットに対しての歯磨きはしやすくなります。

繰り返し頑固な歯石をたくさん歯に付けないように、日頃の歯磨きも指導に従って行いましょう。

歯周病治療で歯のチェックを行い、どうしてもお口の中に残せないと判断した歯は、抜歯をすることになります。

NAVERまとめについて補足説明いたします。

歯科医院ではできるだけ、本人の歯は残す方向でいますが、残せないほどの悪い状態は抜いたほうが、周りの丈夫な歯を守るためにも必要となります。
もしも悪い状態となった歯をそのまま残して歯周病治療をしても、健やかに存在する歯への悪い影響は止められないです。

歯周病治療をすることの目的は、お口の中に存在している歯周病菌を、出来る限りでなくすことです。そうすることで、ほかに元気に存在する歯へ悪い影響を与えないことになります。
ですが悪い影響を、明らかに与える状態ならば、治療のはじめの段階において、抜歯という選択をしないとならないケースもあるのです。

治療不可能な歯というのも、場合によってはあるのです。