歯周病治療と歯周外科とタバコ

###Site Name###

歯周病治療では、歯周外科治療となるケースもあります。


その名のとおり外科的な内容を含むので、歯ぐきには麻酔をしての治療となります。

普段は見えない部分の歯石をとりますから、歯ぐきを開きます。

歯槽骨の形がでこぼこなのを整えることもあります。


清掃しやすいようにするため、歯周ポケットを減らすこともあります。
歯周組織再生療法も、その症状によっては行うことができます。

All Aboutの喜びの声を頂いています。

歯ぐきや歯槽骨を増やす方法は、健康保険の適応外となります。

歯ぐきを手術により開いて、再生誘導物質を、歯の表面に塗布をしたりします。


膜を置くこともありますし、こうして歯周組織を再生する方法です。


外科的な方法では、移植の歯ぐきを切るとか、ほかにも方法はあります。
歯周病治療は初期段階から重症レベルまで、それに合った治療をします。

そして歯周病治療というのは、デンタルクリニックだけの治療では終わりません。



生活習慣での指導も、ある程度は行うことになります。

歯周病治療情報を集めているサイトです。

生活指導に関しては、喫煙者はタバコのことで指導を受けます。それはタバコをすうのは、歯の健康にもとても悪いからです。


歯周病治療をしたのに喫煙習慣を同じようにしていては、歯周病は治るどころか、そのままh進行するからです。お金を払って治療をしても、その効果は上がらない場内になります。
そういった良くない習慣を持続するときには、すっぱりと禁煙をするように指導をするケースもあります。

健康状態にも害をもたらすのがタバコですから、この機会に卒業するといいでしょう。