歯周病治療は進行度によって変わる

###Site Name###

歯周病治療は最初からメスを入れたり抜歯を行ったりはしません。まず、歯周病の直接な原因の歯垢や歯石を取り除くプラークコントロールを行うことが基本です。

歯周病治療の特徴を紹介するサイトです。

プラークコントロールには、患者本人が行うセルフケアと、歯科で行うメディカルケアを連携し行い、k歯周病治療となります。


歯周病治療の基本であるプラークコントロールを行うだけでは炎症が収まらない場合もあるため、その場合は、外科治療を行う場合があります。

歯周病の外科治療には、歯周ポケットの深さが浅く経度な歯周病の場合には、局部麻酔をして、炎症を引き起こしている歯周組織を掻きだして除去します。


歯周ポケットが深い場合には、局部麻酔をし、歯茎を切開して、歯石などを取り除き、歯茎を縫合して元にもどします。

あなたが探していたBIGLOBEニュースを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

歯周病が重度の場合の場合、歯を支えるための歯槽骨まで破壊されている場合があります。その場合、修復スピードが速い歯茎の再生が障害となる場合があります。



歯槽骨が痩せている状態で手術を受けた場合、再生された歯茎が本来歯槽骨が育つべきスペースに再生した歯茎が入り込み、歯槽骨の修復を阻害してしまうので、手術をした後に、歯茎と歯の根元に人工素材の膜を置いて、歯茎が入り込まないようなにし、歯槽骨の再生を促す手術をします。

また、人工の膜の代わりに、ジェル状のタンパク質で隙間を満たす治療法もあります。
その場合、人工素材の膜を置くよりも手術が簡単で、使用するジェルも自然吸収されるため、取り除く手術を行う必要がありません。

歯周病の進行状況などによって、歯周病の治療法は変わってきます。